参加予定のプロ棋士一覧

11/12(日)アマチュア選抜将棋大会

【招待選手】

秋山太郎R選手権者

 2000年 レーティング選手権優勝、グランドチャンピオン戦優勝

 2004・2006年 赤旗名人

 2009年 アマ竜王

 2023年 レーティング選手権優勝

 25年以上アマチュア将棋界の第一線で戦い続ける関東の大豪。今年はレーティング選手権を史上最年長で制した。

中川慧梧アマ王将

 2012年 学生二冠(学生名人・学生王将)

2012・2017年 レーティング選手権優勝

2008・2014・2019年 アマ王将

 2019年 アマ名人

トップアマの一角に君臨する東北の強豪。2008年に史上最年少でアマ王将戦を制し、以後アマタイトル戦及びプロ棋戦参加アマの常連として活躍し続けている。

高橋英晃前支部名人

 2018・2021年 レーティング選手権優勝

 2022年 支部名人

 大学時代から強豪として知られていたが、2017年のアマ名人戦ベスト4を皮切りに、2018年にレーティング選手権で初タイトルを獲得。以後、コンスタントに好成績を残している。

荒木隆赤旗準名人

 2017・2022年 赤旗名人戦準優勝

 「現代将棋を読み解く7つの理論」などの著者「あらきっぺ」としても知られる。コンピュータ将棋に造詣が深く、人間として出場した2021年の将棋AI電竜戦では、NHK杯での評価値表示に採用されたソフトと引き分けて話題となった。

【代表選手】

石川県代表 佐藤次朗五段 

2015年 学生将棋選手権3位

富山県代表 荒木優太郎五段 

2014年 高校竜王

2023年 アマ名人戦ベスト4

福井県代表 西澤佑亮五段

 2016年 学生名人

 2018年 学生王将

 2022年 アマ竜王戦ベスト8